フォト

今後のイベント参加予定

  • 2015.6.5~8 (金~月)開催の「アオ・アオ♯14」終了しました。お越しくださった皆さま、ありがとうございました!
無料ブログはココログ

« 展示作品紹介 №9 | トップページ | デザイン・フェスタからの… »

展示作品紹介 last

2009年11月の展示「失われた冬の物語」展でのアクセサリー&本(抜粋)の紹介です。

この紹介で、展示したアクセサリーの紹介は最後になります。

背景となったお話の本文(一部)は、そらまめHP内Bookstacksから「last room」をご覧ください。

【ブック型ロケットのバッグチャーム】

Cimg5634_3

最終話となるこのお話には、展示のお話をいただいてからずっと使いたかったパーツ、「本型のロケット」を二つともメインで使用しています。

物語の始まりである №1「赤ワインのブックマーカー」 で開いた本のパーツを使ったので、この最終話ではお話の終わりをイメージさせる、閉じた本のパーツを…と思っていました。

大きなロケットを使い、ビンテージのスワロフスキーなやキラキラしたビーズを合わせて、冬の落ち着いた装いに華やかさを加えるデザインに仕上げています。

もちろんロケットは開くので、中に写真やメッセージを入れることもできます。

何度でもひらけるロケットという素材に、本というものの持つ特徴と、その素敵さを重ねて作った作品です。

【ロケットのネックレス】

Cimg5623_2

バッグチャームと揃いになるように、小さな本型ロケットを使ったネックレスです。

以前紹介した №9 「飴色のネックレス」 と同じように、雪をイメージした白い天然石、冬の夜空に見立てた紺地に金色のビーズを使っています。

ぴかぴかの金色ではないマットな質感の金具を使っているので、落ち着いた雰囲気でどんな服にも合わせやすい作品です。

シンプルですが、自分でも気に入って愛用しているもののひとつです。

以上で、「失われた冬の物語」展でのアクセサリー紹介は終わりです。

物語からイメージした作品を作るというのは初めての経験でしたが、本の中から色々な要素を組み合わせて膨らませていくのは、とても楽しい作業でもありました。

この機会に初めてチャレンジできたものもたくさんあり、これからの作品作りの幅を広げてくれたとてもよい経験になったと思っています。

改めて、素敵な機会をくれた「そらまめ」のお二人と、カフェ「soYo」さんに感謝です。

« 展示作品紹介 №9 | トップページ | デザイン・フェスタからの… »

2009秋の展示について」カテゴリの記事

コメント

私たちのページでの本紹介が長らくかかってようやく完結しまして。こちらもお待たせしてしまっていたことでしょう・・・。

こうして見てみると、あの展示ではRegen-bogenさんの作品にどれだけ助けられたか、と改めて思います。
本当にありがとう!また何かの縁があったらコラボレーションしましょうね。
私たちも腕をごしごしと磨いていこうと思います。

soramame-fhさん、コメントありがとうございます!デザインフェスタへの参加、本当にお疲れさまでした。

紹介の件、こちらのことはお気になさらず…
HPもまた、楽しみにしていますね。
私こそ、あの展示ではたくさんのパワーを貰ったなぁと改めて感じています。少しでもお二人の力になれたなら、嬉しいです…
これからも、より一層頑張っていきたいと思っています。
良かったらまたご一緒させてくださいね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051336/33558014

この記事へのトラックバック一覧です: 展示作品紹介 last:

« 展示作品紹介 №9 | トップページ | デザイン・フェスタからの… »